ABEMAをテレビで見たい時に値段から検討する

2018年10月27日ABEMA視聴方法

無料動画配信サービスABEMAはテレビで視聴することができます。ABEMAの動画は高画質なので、大画面でも画質落ちしません。ABEMAの醍醐味であるコメント閲覧も、テレビデバイスで可能になりました。長時間一挙で疲れてしまう方、PCのブルーライトが気になる方、ながら見したい方は、テレビで視聴するのに向いています。テレビで視聴する方法は複数あるので、使いやすい方法を見つけてください。

ABEMAをテレビで見る方法

ABEMAをテレビデバイスで見る方法は、おおまかに2種類あります。テレビ自体にアプリをインストールして視聴する方法と、外付けの機器(デバイス)をテレビのHDMI端子に接続する方法です。

まず、お使いのテレビはどちらのタイプなのか判断しましょう。

※テレビでABEMAを見る時は、必ずインターネット接続が必要になります。

テレビ本体にAndroid TVが搭載されている

テレビ自体がABEMAアプリに対応しているメーカーと機種は、

  • 三菱電機の4K液晶テレビ「REAL 4K RA2000シリーズ」
  • 「FUNAIブランド」の4Kテレビ
  • 東芝4K液晶テレビ「レグザ」
  • シャープ 「AQUOS」
  • パナソニック「4Kビエラ」
  • SONY「4Kブラビア」

の6つです。

特徴として、リモコンに「ABEMA」というボタンがあり、すぐにABEMAを視聴できます。
対応メーカーと機種について

上記以外の場合、デバイスをひとつ購入する必要があります。

お持ちのテレビにHDMI端子がある

テレビの裏側を見てください。HDMI と書かれた端子接続はありますか?

お持ちのテレビがHDMIという端子に対応していれば、Fire TVシリーズという機器を利用しテレビでABEMAを視聴できます。4,980円(税込)のFire TV Stickを一度購入して、インターネット接続すれば完了です。

  • Fire TV Stick で見る

Fire TVを利用するのが安くて簡単ですが、他にも様々な方法があります。

  • Amazon Fireタブレットで見る
  • Chromecast を利用する
  • Apple TV を利用する
  • CCCAIR AIR Stick 4Kを利用する
  • HDMIケーブルでPC画面をテレビに出力する

それぞれ具体的な仕組みや方法を見ていきましょう。

お持ちのテレビでABEMAを見る方法

HDMI端子のあるテレビ、インターネット接続環境、専用デバイスの3つがあれば、ABEMAは利用料無料でテレビでも視聴できます。会員登録・契約・ログインなどは不要です。

Fire TV を利用する

テレビがABEMAに対応していなくても、Fire TVを利用すれば、ABEMAをテレビで視聴することができます。テレビにHDMI端子があること、Wi-Fi環境があることが前提となりますが、10年くらい前に購入したテレビでも問題なく起動することができました。Fire TV Stick自体が一度購入すれば壊れるまで使用でき、4980円と価格も抑えめなため、一番オススメの方法です。

Fire TV Stick 4K」という、4k放送に対応した上位機種もあり、こちらは 6,980円と値段上乗せ。ABEMAは4K配信の予定は現在ありません。

テレビ買い替えの予定がない、むつかしい設定は自信がない、安く抑えたいという方は、Fire TV をご検討ください。CM中にコメント欄を開くこともできます。

Amazonへ移動します
Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

Chromecast を利用する

スマホやパソコンの画像をテレビに転送するのが、Chromecast です。テレビにHDMI端子があることと、Wi-Fi環境があることが前提で、スマートフォンで操作をします。Chromecast (第2世代)は4980円(税込)と、Fire TV Stick と同価格です。専用のリモコンで操作するFire TV Stick 、スマートフォンで操作をするChromecast というちがいがあります。

安く抑えたいという方は、Chromecast をご検討ください。

Apple TV を利用する

Apple TV(第4世代)は、HDMIケーブル(別途購入)と、ネット環境が必要です。ABEMAを視聴することが目的なら、Apple TVはオススメではありません。なぜなら、2018年9月11日にABEMAテレビデバイスのリニューアルが行われたのですが、Apple TVだけ取り残された形だからです。具体的に言いますと、コメントスクロールや新ナビゲーションがApple TVだけ非対応、コメント閲覧のみ対応がとられました。Apple TV(第4世代)は15,800円(税抜) と高額でもあります。

Apple TV製品を使い慣れている方は、Apple TVが合うかもしれません。しかしABEMA対応状況から判断すると、ABEMAを視聴することが目的ならオススメしません。

CCCAIR AIR Stick 4Kを利用する

CCC AIR株式会社が発売する「Air Stick 4K」をHDMI端子に接続することでABEMAを視聴します。インターネット環境が必要です。値段は、9,800円(税込10,584円)。無線WiFiルーター機能があり、Chromecastに対応しています。

HDMIケーブルでPC画面をテレビに出力する

スマートフォンやPCの画面を、HDMIケーブルを利用してテレビに出力して視聴します。HDMIケーブルは1,000円程度なので、一番安価な方法であるといえます。しかし、ABEMAをテレビで視聴するメリットは生かせない方法です。

Amazon Fireタブレットで見る

テレビで見るのではなく、安めのタブレット端末で、というのならAmazom Fireタブレットという選択肢もあります。

2018年10月31日より「Amazon Fireタブレット」に対応しました。これによって、「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3種類すべてのタブレットで、「ABEMA」を視聴可能になりました。「Amazon Fireタブレット」はAmazonが提供するタブレットです。

スマートフォンよりも大きな画面で、テレビのように据え置き型ではない、持ち運びできる視聴環境なら、タブレットがオススメです。値段は、「Fire 7」で5,980円となります。

ABEMAをテレビで視聴する値段を比較

ABEMAをテレビで視聴する際に必要な、パナソニック 4Kテレビ「ビエラ」、SONY BRAVIA、Fire TV、Chromecast、Apple TV のコストを比較するために、値段表にしました。

Fire タブレットFire 75,980円(税込)
 Fire 88,980円(税込)
 Fire 1015,980円(税込)
シャープAQUOS
東芝4K「レグザ」
パナソニック4K「ビエラ」
SONYBRAVIA99,880円(税別)~
Fire TVFire TV Stick4,980円(税込)
 Fire TV Stick 4k6,980円(税込)
Chromecast第2世代4,980円(税込)
 Ultra9,720円(税込)
Apple TV第4世代15,800円(税別)
 4K19,800円(税別)
CCC AIRAir Stick 4K10,584円(税込)

テレビ自体の購入よりも、Fire TV や Chromecast を購入する方がコストが低く抑えられます。ABEMAを流しっぱなしにするならば、スマホを占有される Chromecast よりも、Fire TV の方が使い勝手がいいと思います。

オススメはFire TV

オススメは、Fire TV です。ABEMAが「テレビの大画面で見るなら Fire TV」と宣伝していたくらいなのです。

Amazonへ移動します
Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属