声優・小野友樹が生放送で自転車事故と怪我を語る「本当に怖いものだと改めて」

2018年12月11日声優と夜あそび,声優と夜あそび1年目

2018年12月11日に配信されたABEMA「声優と夜あそび」火曜日レギュラー生放送にて、MC小野友樹さんが復帰しました。小野友樹さんは、11月20日に自転車事故を発表後、「声優と夜あそび」には声のみ出演していました。生放送中に語った自転車事故と怪我の回復について、筆記を残します。

小野友樹が語る自転車事故「本当に怖いものだと改めて」

小野友樹さんは、2018年11月20日(火)にブログで、自転車走行中に転倒、左手の指を2本骨折したことと顔も負傷したと発表しました。11月20日(火)は、「声優と夜あそび」火曜日レギュラー生放送に出演予定でしたが、その日は冒頭に電話にて声のみ出演。その後の「声優と夜あそび」も、声のみ出演していました。

2018年12月11日(火)に生放送された「声優と夜あそび」にて復帰し、いつもの笑顔で登場しました。左目の下と、左手は固定のためのテーピングをしています。そして、番組内でケガをした経緯を語りました。

小野さんが語ったことは、「三週間前になりますかね、(声優と)夜あそびの冒頭で説明したのがほぼすべてなんですが、自転車で坂道をブレーキをゆっくりかけながら(走る仕草)、ブレーキの挙動かタイヤが単純に滑ったのか、転んでしまって、顔からですね(顔を左へ下ろす仕草)。受け身とかも取るまもなくガっとなって、頭自体は冷静なので、『ああ、このあとの現場どうしよう、すぐ連絡しなきゃ』みたいなことを思っていたら、目の前にお巡りさんがたまたまいて、通報とか救急車さんとかレスキュー隊とかの連絡も全部やってくださって、安全なところに座らせていただいた上に、散らばったものを回収していただいて、全部やってくれた。至れり尽くせりな場所でこけた。4・5人すぐ集まってくださって、本当に申し訳ないっていう、しきりにそれでしたね」

ゲストの向清太朗さんが「次に現場もあったわけですか」と尋ねると、「そうですね」と答え「30年くらい、幼稚園時代から自転車に乗っている中ではじめて転んだんです。練習の時以外、はじめて転んだ怪我がいきなりコレになってしまって、本当に怖いもんだと改めて」と続けました。「申し訳ない気持ちでいっぱい。申し訳ない」と繰り返します。

冗談を交えながら「まだ完治ではないですし、100%笑える状態ではないですが回復力は早い。笑えるほど早い」と、回復をアピール。

向清太朗さんに「ここまでの怪我ははじめてですか」と尋ねられ、「5年前に鎖骨をね、フットサルの時に転んでやっているんで」と小野さん、さらに向清太朗さんが「指の場合はどうですか。日常生活は」に対し、「利き手じゃないぶん」そこまでではないと話します。「いちばん苦戦するので言うと、ペットボトルのキャップ開けがシャレにならないくらいにむつかしい。特にやわらかいボトル系」。MCの大坪由佳さんが「台本は持てるんですか?」と質問し、「左手がうまく添え木のように」と冗談を言います。

「転倒した日はさすがに血が止まらなかったので、それはもうしょうがない、後日に収録を回していただいて、次の日からは『声が出る以上はやろう』という話で次の日以降は可能な限り現場に、収録はさせていただきながら。声も無事で、意識も無事なら。目が腫れて、文章も片目だと追いづらいなどがありましたが、1週間くらいで大丈夫になりました。怪我をしないのが一番だと思いつつも、回復が早かったのが不幸中の幸いではあるかなと」

「元気な姿を見られて何よりでございます」と大坪由佳さん、「ファンの方は安心しているのではないですか」と向清太朗さんに言われ、小野さんは「ありがとうございます」と頭を下げました。

 

ーーーーーー

小野さんはが語った自転車事故の話は以上になります。文章で伝わらない小野さんの感情のニュアンスがありますので、正確な部分はABEMAビデオで「声優と夜あそび」を視聴してください。「声優と夜あそび」が毎週生放送の動画番組だったため、小野さんが姿を見せず、声のみ出演しているのが際立っていましたが、いつもと変わらない楽しい小野さんが復帰されてホッとしました。何より、怪我のことは茶化さない、できることは全範囲をカバーする、そんな小野さんの仕事に対する姿勢がとてもカッコいいと思いました。