ABEMAプレミアム登録を解約せず自動更新した場合

2019年2月19日ABEMAプレミアム,登録・解約・¥0トライアル

ABEMAの有料登録「ABEMAプレミアム」プランは、解約しない限り自動更新します。では、「ABEMAプレミアム」へ登録し、更新日時までに解約せず、自動更新が起きた場合、利用料金にはどう影響するでしょうか。

ABEMA「ABEMAプレミアム」を解約せずに自動更新する

ABEMAの有料登録「ABEMAプレミアム」は、解約をしない限り自動更新し続けます。毎月毎月、利用料金を支払うタイプのコンテンツです。自動更新するシステムを、Androidでは「サブスクリプリョン」(旧:定期購入)、iOSでは「定期購読」、大きく「継続課金コンテンツ」と言ったりします。

継続課金コンテンツを購入することがない方は、ABEMAプレミアム登録を前に不安になってしまいますよね。どういった形でお金を請求されるのだろうとか、解約が難しいんじゃないかとか、自動更新ってなんだろうとか。

ここでは実際に「ABEMAプレミアム」登録し、更新日時の24時間前までに解約せずに、利用料金がどう請求されるのか一連の動きを見てみましょう。これはあくまで一例ですので、あしからず。

使用したのは「¥0トライアル」を済ませたiPhoneです。無料期間が適用されないので、ABEMAプレミアム登録と同時に月額利用代金が発生します。支払い方法は、Store クレジットを利用しました。

ABEMA有料登録自動更新シミュレーション

登録完了

1月19日 00:26
ABEMAプレミアム登録完了
960円を即時決済
ABEMAアプリ上で
次回更新日時は
2月19日 00:26 と確認

ABEMAプレミアムは更新日時の24時間前までにキャンセルしなければ自動更新しますので、「2月19日 00:26」の24時間前にあたる「2月18日 00:26」までに解約しなければ自動更新が決まり、その更新はキャンセルはできません。自動更新すると、新たに月額960円を支払わなければなりません。今回は解約せずに自動更新します。

約1ヶ月が過ぎました。自動更新が実行されます。

1度目の自動更新

2月18日 00:26 過ぎ
ABEMAが自動更新し
960円を即時決済したと
Apple よりメール連絡
ABEMAアプリ上で
次回更新日時が
3月18日 23:26 へ変更

その後、ABEMAプレミアム登録を解約しました。キャリア決済・クレジットカード決済・Store クレジットのいずれを利用する場合も、残高不足には気を付けてください。

次回更新日時のズレがあった

1度目の更新日時と、2度目の更新日時にずれがあることに気が付きました。

  • 1度目の更新日時 2月19日 00:26
  • 2度目の更新日時 3月18日 23:26

なぜズレが生じるのかわかりません。

ブラウザ経由でクレジットカード決済をした場合

ABEMAプレミアムにPCから登録し、クレジットカード決済をした場合の請求タイミングについては、公式のお知らせに記載があります。

【請求のタイミング】
有効期限が終了する前の24時間以内に次回更新分を請求する

ABEMAプレミアム登録が自動更新するのは便利と言えるのか

ABEMAプレミアムは、毎月一定額を課金するという支払いプランしかありません。2か月で契約を終了したい、6か月契約をしたい、一年割引が欲しいなどには対応していません。唯一、一ヶ月分先払いの上契約期間を終了するということができます。これは、ABEMAプレミアムは登録直後に解約ができること、解約しても有効期限までは有料機能を利用できるという性質を持つためです。

怖いのは、ついうっかり解約を忘れ、継続課金コンテンツに登録していることを忘れ、支払い義務が発生した後で継続課金コンテンツの存在を思い出すことです。ユーザーもしっかりしなければなりませんね。

iOSの場合、自動更新前に更新の意思を問いただすようなメールなどはありませんでした。更新が行われたことを知らせるメールがApp Storeより届くのみです。Androidは、話が違うかもしれません。

月が替わるごとに登録し直す手間がないのは素晴らしいですし、長期利用を見据えると自動更新は優れていると思います。ただ、金額が金額なので、解約をし忘れたり、間に合わなかった時はもう声にならないと思います。