ABEMA有料会員「ABEMAプレミアム」登録人数を算出する【推定】

2019年1月20日ABEMA-TOPIC

CyberAgentの「2018年通期決算発表」資料より、ABEMA有料視聴プラン「ABEMAプレミアム」登録会員数を割り出せそうだと思ったので、算出してみます。ABEMAへ課金しているユーザーは推定何人でしょうか。

ABEMA「ABEMAプレミアム」登録会員数を算出

ABEMAの親会社 CyberAgentが、ABEMAの有料視聴プラン「ABEMAプレミアム」登録会員数について言及したことはおそらくありません。アプリダウンロード数やWAUの公表は目にしますが、「ABEMAプレミアム」登録人数について言及するのを目にしたことはありません。

しかし、ABEMAプレミアムが月額960円のサービスだということや、ABEMAの売上額が判明すれば、ある程度は有料会員を算出できるのではないかと思います。CyberAgent「2018年通期決算発表」において、有料会員数を計算するのに必要な数字が出てきました。ABEMA売上高、広告と課金の比率について、CyberAgent「2018年通期決算発表」より引用します。

Q7
「ABEMA」の広告と課金の売上高の構成は?
A7
「ABEMA」の売上高の中で、広告 3:課金 1 の割合だが、足元は機能拡充に伴い有料会員が増加している。

質疑応答の要約

さらに、ABEMA2018年売上高と営業損失の数値をグラフから取り出します。

2018年売上高 63億円

2018年営業損失 208億円

CyberAgent「2018年通期決算発表」

このふたつの数字を基に計算していきます。ABEMA2018年売上高 63憶円、売上高の中で広告と課金の割合が3:1となります。課金の部分がABEMAプレミアム登録による収入だと推定すると、

63億÷4=15.75億円

15.75億円がABEMAプレミアムによる1年間の売上高となります。ABEMAプレミアムは月額960円なので、

15.75億円÷960円=164万625人

1年間にABEMAプレミアム課金人数は、164万625人となります。毎月の人数に換算すると、

164万625÷12ヶ月=13万6718.75人

ABEMAプレミアム登録人数は、毎月約14万人となります。毎月約14万人というのは、無料トライアルを含まない数字です。無料トライアル利用者はABEMAへ支払いをしていないので課金売上高に貢献していません。

さらに、毎月約14万人というのが、ABEMAユーザー全体の何割なのか算出してみます。ABEMAが発表したユーザー数は、開局2年半で3,400万ダウンロードなどが目立ちますが、アプリダウンロードはPCオンリーユーザーを省いているため、計算に使用できません。必要なのはABEMA会員数です。2018年12月、FireTVアプリを見ますと、ABEMA会員数は5,400万人と表記していました(2019年1月は6,000万人)。2018年通期決算とは時期がずれてしまいますが、会員数はこれを参考にします。

ABEMAユーザー全体に占めるABEMAプレミアム会員数は、

14万人÷5400万人×100=0.25925…%

約0.26%となりました。ABEMAユーザーの400人に1人ということがわかります。ABEMAは無料が基本のVODで、広告収入の割合が高いとはいえ、せっかく開発したABEMAの有料機能がもったいなく感じる数字ですね。無料で事足りてしまうため、月額960円はやはり強く出過ぎた価格設定と、ユーザーが感じるのは否めません。

ABEMAプレミアム会員数は推定 月14万人

ABEMAの売上高に占める課金額の割合から、ABEMAプレミアム会員数は月14万人と算出できました。時期によって増減はあるでしょうし、実際の登録人数が14万人だと判明したわけでもありません。根拠になりうる数字を計算しただけなので、鵜呑みにはしないでください。

ABEMA有料会員数は前年比では増加していると聞きます。サイバーエージェントはABEMAへの先行投資は今後も続けるとしています。個人的には今後、地上波テレビ番組をネット同時配信の動きが加速した場合、いち早く体制を整えられるのはテレビ朝日、そしてABEMAだろうと考えています。NHKがテレビと同時にネットでも24時間見られる「常時同時配信」を目指している今、サイバーエージェントの先行投資は遠くないうちに回収できるだろうと思うのです。

ただし、ABEMAへの先行投資はゲーム事業好調あってこそなので、育成シミュレーションゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」サービス開始を期待しています。提供開始予定の2018年冬はもう終わってしまいましたよ。

追記:有料会員人数について具体的に発表がありました

CyberAgent「2018年通期決算発表」及び「質疑応答要約」を参考にしました。
記事作成 2019年1月20日