5月人気番組ランキング「藤井総太六段が七段に」がTOP【AbemaTV】

2018年6月7日

2018年6月6日、AbemaTVが「5月人気番組ランキング」を発表しました。公式リリースには視聴数はありませんが、所持している情報で補足しながらお伝えします。所持している情報は5月12日以降になります。

「視聴数」というAbemaTV独自指標があやふやな方は、「視聴数」についてをご覧ください。

AbemaTVが5月人気番組ランキングを発表

全体ランキング・オリジナル番組ランキング・緊急ニュースランキング・アニメについて、の順の記していきます。

全体ランキング

  • 1位 5/18 【将棋】船江恒平六段 対 藤井総太六段
  • 2位 5/5  「亀田興毅vsパンサクレック」史上初!禁断の判定ナシKOマッチ
  • 3位 5/23  悪質タックル問題 日大前監督とコーチが会見
  • 4位 5/6  7.2 新しい別の窓
  • 5位、6位、7位 将棋生中継
  • 8位 5/22 日大タックル問題 ”監督指示”日大選手が会見
  • 9位 5/30 将棋中継
  • 10位 5/25 悪質タックル問題 日大学長が緊急会見

5月18日の将棋生中継は、藤井総太六段が史上最年少で七段への昇格を決めた対局でした。視聴数は、2.6m。アクセスやリロードが260万回あったという数字です。

日大アメフト部のタックル問題は、3位の「日大前監督とコーチが会見」を生中継し、緊急ニュースの中でも歴代1位の視聴数を記録しました。視聴数は、1.2m。コメント数は、194k、次の番組開始までにコメント数は、1.1kありました(コメント数はセルフ記録)。

オリジナル番組ランキング

  • 1位 5/5 亀田興毅vsポンサクレック
  • 2位 5/23 日大タックル問題 日大前監督とコーチが会見 
  • 3位 5/6 7.2 新しい別の窓
  • 4位 5/22 悪質タックル問題”監督指示”日大選手が会見
  • 5位 5/25 悪質タックル問題 日大学長が緊急会見 
  • 6位、7位 5/26・27 メトロック 
  • 8位 5/14 今日好き#29
  • 9位 5/26 悪質タックル問題 被害選手の父親と関学が会見
  • 10位 5/29 悪質タックル問題 スポーツ庁報告後アメフト協会会長がコメント

会見の生中継を「オリジナル番組」と呼称していいのか疑問はありますが、ほぼCMなしでいつ終わるかわからない会見を最初から最後まで配信する肝の座り方に好感が持てました。インターネットの柔軟性が発揮される場面でした。

緊急ニュースランキング

「悪質タックル問題」が占めているので、日付順に並べてみたいと思います。

  • 5/17 8位 悪質タックル 関学大アメフト部が会見 視聴数:162.3k
  • 5/21 7位 悪質タックル問題 被害選手の父親が会見 視聴数:219.2k
  • 5/22 2位 悪質タックル問題 ”監督指示”日大選手が会見 視聴数:476.9k+309.5k(?)
  • 5/22 10位 悪質タックル問題 日大選手の会見を受け鈴木スポーツ庁長官がコメント
  • 5/23 1位 悪質タックル問題 日大前監督とコーチが会見 視聴数:1.2m
  • 5/25 3位 悪質タックル問題 日大学長が緊急会見 視聴数:484.8k
  • 5/26 4位 悪質タックル問題 被害選手の父親と関学が会見 視聴数:309.8k
  • 5/29 5位 悪質タックル問題 スポーツ庁報告後アメフト協会会長がコメント

6位に森友学園前理事長会見、9位に刃物男に警官が発砲が入っています。緊急ニュース歴代1位になった「日大前監督とコーチが会見」が盛り上がりの山になっているように見えます。恣意的に編集された映像を見せられるのではなく、生の言葉を聞いて自分で判断したいと思うのが「メディア化」したネットユーザーだと思うので、会見を通して配信する意義は大きいと思います。

Abemaビデオランキングは恋愛リアリティショウ一色

恋愛リアリティショウはAbemaビデオでよく視聴されていることがよくわかります。他のジャンルのビデオ利用率より抜きんでているのですね。番組表の番組詳細が、内容説明にかぶさるように「ビデオ」をおすすめしていく仕様になっていたりして、ビデオを推しているようです。

アニメは全体ランキングにもAbemaビデオランキングにもランクインせず

5月12日の「機動戦士 逆襲のシャア」夜の放送がアニメチャンネルでは1番視聴数が多いと思ったらちがいました。「機動戦士 逆襲のシャア」

  • 昼の部 視聴数:284.5K
  • 夜の部 視聴数:408.5k 

所持している視聴数の数字が5月12日からなので、AbemaTV 2018年GW豪華アニメ映画一挙配信SPや【子どもの日!ちびっこアニメSP】、【GW一挙放送】の数値がわかりません。5月アニメチャンネル視聴数1位の断定は控えます。

アニメランキングTOP10に入っていないじゃんと思いますよね。しかし、アニメはちゃんと人気があります。毎日の視聴数ランキングでは1位を取ることもありますし、メダル級の順位を逃しても、日別のランキングでは、12日「逆シャア」2位、「銀魂一挙」6位、13日「SAOⅡ一挙」2位、「多田くんは恋をしない」振り返り一挙6位、14日「ソーマ1期」2位、16日「ジョジョ」2位、18日「ハガレンAF」3位、20日「SAOⅡ」2位、21日「ソーマ」1位、23日「ハイスクールD×D HERO」振り返り一挙3位、26日「鬼灯の冷徹 第弐期」3位、28日「ソーマ1期」1位、メジャー、東京喰種トーキョーグール、FAIRY TAIL、オーバーロード、新作の振り返り一挙、なども上位の常連です。

アニメはビデオよりもリアルタイム視聴が人気だとわかります。ただ、「声優と夜あそび」以外のアニライCHアニメが日別ランキングから遠ざかっているのが気になります。