ABEMAでチャンネルを並び替え!設定方法を確認しよう

ABEMA視聴方法

ABEMA5周年大型アップデート!チャンネルの並び順をユーザーの好みの順番に並び替えができるようになりました。刷新されたホームや、新しく実装されたナビゲーション機能について確認していきます。

ABEMA、チャンネル並び替え、ナビゲーション機能を実装

ABEMAアプリで実装された新機能について、APP STOREでは以下のように紹介されています。

・豊富な作品を一望できる、ホーム画面の登場
・ワンタップで様々な機能にアクセスできる、新しいナビゲーション
・好みの作品に出会える、強化されたレコメンド
・見どころがわかる作品のプレビュー動画の表示

App Store

この中から、ユーザーの使い勝手に直結する、ホーム画面、ナビゲーション、チャンネル並び替え機能を中心に紹介します。

当ページでは2021年7月27日にリリースされた、iPhone版アプリ(バージョン 18.0.0)について説明をしております。

アプリをアップデートで案内が表示される

ABEMAアプリを最新版へアップデートすると、初起動時に、新機能について案内表示があります。

ジャンルを選択して始めるをクリック

①「ジャンルを選択して始める」をタップすると、

②好きなジャンルを選択できます。複数選択できるので、1つ以上選択して「完了」をタップ

おすすめ作品とチャンネルをカスタマイズします

③ 前項の②で選択したジャンルにより、チャンネルとおすすめ作品をカスタマイズ中

④ アプリ起動後、チャンネルの並び順が自分のこのみになっている!?はずです。

チャンネルを好きな順番に並び替えよう

初期起動で設定されたチャンネルの並び順がお気に召さない場合は、手動で並び替えも可能です。

チャンネルロゴの上を長押しすると、

①どちらでもいいのでチャンネルロゴの上を長押しすると、

「チャンネルの並び替え」が出現するので、お好みにカスタマイズします

②「チャンネルの並び替え」が出現するので、お好みにカスタマイズします

番組表のチャンネル順も合わせて変更されます。いいアップデートですね。

いつもの番組表が見つからないときは、画面の下部にある「ナビゲーション」の5つのアイコンのうち「ホーム」をタップすると、「番組表」ボタンが表示されます。

「ナビゲーション」については次に紹介します。

ワンタッチアクセスを可能にする「ナビゲーション」

まずは画像をご覧ください。

ナビゲーション

画面の下部をアップにした画像です。左から ホーム・ジャンル・検索・マイページ・プレミアム という5つのアイコンが並び、いつでも各機能へアクセスできるようになりました。

この画面下に固定されたアイコン表示領域を「ナビゲーション」と呼称します。

アップデートの不満点・使いづらい点

ABEMA5周年の節目にアプリが大幅アップートされ、特にUIの改良が行われました。

かねてから根強い意見であった不要(見ない)チャンネル非表示は叶わなかったものの、任意の順番にチャンネルが並び替えられるようになったことは、複数ジャンルを視聴するユーザーにとって朗報だったと思います。

一方で、使いづらくなった点もあります。

まず、番組表が横画面に対応していません。ナビゲーションが固定化されているせいで、縦画面視聴と横画面視聴の自由さが若干失われたように思います。

また同じくナビゲーションがあるために、縦画面視聴時にコメント欄が狭く、表示されるコメントの数が減少してしまいました。

ナビゲーションの存在は一長一短といえるかもしれません。

大型ディスプレイ向けのアップデート

アップデートの不満点も記しましたが、どちらかというと年々大型化していくモバイル端末にとってはデメリットの少ないアップデートのように思います。

番組表が横画面に未対応でも、ナビゲーションが画面下部(フッター)固定でも、表示領域の大きな大型モバイル端末であれば、デメリットを感じづらいでしょう。

一方、小型モバイル端末を好む方は、デメリットを大きく感じてしまいそうです。

スマホでもコメントや番組表の文字サイズを自由に変更できたらよかったのですが。

PCブラウザ版も足並みをそろえるのか

気になるPCブラウザ版のホーム画面の変更ですが、7月30日前後に一時モバイルと似たようなUIになっていました。

パソコン視聴では、AEBMAトップページへアクセス後、左サイドメニューが「テレビ」の状態で、横に3つずつ並んだチャンネルパネルから選択するという方も多いと思いますが、その手順は踏めなくなっていたのです。

モバイルと似たようなホーム画面になり、チャンネルは横スクロールでした。

ABEMA側では準備はしてあるようなので、PC版も近いうちにUI変更があるかもしれませんね。