AbemaTV「歴代」人気番組視聴数ランキングTOP6

2018年12月1日

AbemaTVで2018年11月までに放送した全番組を対象に視聴数を調査し、AbemaTV歴代視聴数ランキング上位TOP6を割り出しました。1位は「72時間ホンネテレビ」、2位は「亀田興毅に勝ったら1000万円」です。3位はご存知でしょうか。

AbemaTV 歴代視聴数ランキング TOP6

AbemaTV歴代視聴数ランキングTOP6は、AbemaTV開局 2016年4月11日から、2018年11月30日までを対象にしています。調査に当たって、AbemaTVが発表した、2016年人気番組ランキング2017年人気番組ランキング2018年人気番組ランキングを参考にしています。年間ランキングでは、年末を対象期間に含めていないので、2016年12月・2017年12月・2018年11月の視聴数を独自に調査し、歴代視聴数ランキングに加えています。視聴数はすべて公式発表の数字です。ここで公開する「AbemaTV歴代視聴数ランキング」は非公式のものです。

【全番組対象】AbemaTV 歴代視聴数ランキング TOP6

順位 視聴数 番組名
1位 7400万視聴 稲垣・草彅・香取 3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』Day1/Day2/Day3
2位 1320万視聴 AbemaTV1周年記念企画「亀田興毅に勝ったら1000万円」
3位 1242万視聴 第30期 竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段
4位 790万視聴 AbemaTV新春ボクシング祭り!亀田一家人生を賭けた3大勝負
5位 780万視聴 【生放送】第30期 竜王戦決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段
6位 590万視聴 朝青龍を押し出したら1000万円

AbemaTV歴代視聴数ランキング1位は、「72時間ホンネテレビ」です。72時間ぶっつづけで生放送、元スマップ3人の番組、SNS相乗効果など、魅力と話題性で他の追随を許さない視聴数を記録しました。2位「亀田興毅に勝ったら1000万円」はアベマのサーバーをダウンさせたウルトラ番組です。 「72時間ホンネテレビ」の配信前まで、歴代1位でした。3位は藤井総太四段(当時)が30連勝をかけて挑み、佐々木勇気五段(当時)に敗れた対局でした。4位は亀田大毅に勝ったらお年玉として1000万円がもらえる年始企画です。5位は2チャンネルで配信され、580万視聴+200万視聴で780万視聴です。藤井聡太四段が増田康宏四段を破り、29連勝を決めました。6位は引退から約7年振りに1夜限りで土俵に復活した朝青龍が、全ての取り組みで勝利し、挑戦者の1000万円獲得を阻止しました。

4位以外のTOP6は、2017年放送の番組です。

AbemaTV歴代視聴数ランキング7位以下

AbemaTV歴代視聴数ランキングはTOP6まで発表とします。なぜなら、7位以下の視聴数は正確に比較できないからです。7位以下の視聴数は近似値をとっています。7位~10位に入る番組はランク付けはせず、番組名だけとします。

340万視聴 AbemaTV presents フリースタイルダンジョン東西!口迫歌合戦
340万視聴 太陽とオオカミくんには騙されない#12 最終回1時間SP信じても、いいですか?
340万視聴 第11回朝日杯将棋オープン戦 準決勝・決勝
330万視聴 7.2 新しい別の窓 #1

「7400万視聴」ってどれくらいすごいのか分からない方は、AbemaTV独自指標「視聴数」にまつわるホントの話 をさらっとでいいので目を通してください。視聴数を、視聴者数や視聴率と勘違いしていませんか?

AbemaTV歴代視聴数ランキングは、1位「72時間ホンネテレビ」、2位「亀田興毅に勝ったら1000万円」、3位 将棋「佐々木勇気五段 対 藤井聡太四段」でした。AbemaTVでは、「ななにー」「亀田一家」「藤井総太」が視聴数を押し上げる要因のようです。2017年に比べると、2018年は朝青龍以外ぱっとしません。2016年のアベマユーザーがまだ少なかった時に340万視聴を出した「フリースタイルダンジョン東西!口迫歌合戦」は傑出していました。今後、「72時間ホンネテレビ」7400万視聴を超える番組は出てくるのでしょうか。

AbemaTV人気番組ランキングを具体的な視聴数を付けて公開しています。

2016年人気番組ランキング

2017年人気番組ランキング

2018年人気番組ランキング

 

人気番組ランキングまとめ