ABEMAで「修行チャンネル」のウワサが流れている

アニメ

「ABEMAで修行する」「修行チャンネル5週目」、そんなコメントがABEMAで流れています。ABEMAに視聴者の修行となるような番組はありませんし、「修行チャンネル」というチャンネルも存在しません。なぜ「修行チャンネル」はコメント欄で語り草となっているのか記述を残しておこうと思います。

ABEMAでウワサされる存在しない「修行チャンネル」の存在

2016年4月の開局以降、ABEMAは新しいチャンネルを増設しては消したり、大幅なチャンネル改編をしたりしてきました。しかし一度たりとも「修行チャンネル」というチャンネルが存在したことはありません。いったいどこから修行チャンネルというウワサが発生したのかと言いますと、話は2018年7月14日にさかのぼります。

2018年7月14日、アニメLIVEチャンネルの派生・補助的な立ち位置の新チャンネル「アニメLIVE2チャンネル」が登場しました。アニメLIVE2チャンネル(アニライ2チャンネル)は夏休みに合わせて配信を増やす狙いかと思われましたが、2019年3月まで稼働を確認しています。配信開始1時間ほど前に番組表に表れ、配信予定が終了すると番組表から消えてしまうため、予定を把握することが難しく、ユーザーからは不評を買っていました。

「アニメLIVE2チャンネル」が通称「修行チャンネル」と呼ばれるまで

2018年7月14日22時より、『覇穹 封神演義 #1-6』を配信したのが、アニメLIVE2チャンネル(アニライ2チャンネル)の始まりです。アニメLIVE2チャンネルでは2018年7月~8月にかけて、前クールアニメや前々クールアニメの一挙放送をリピートしました。9月に入ると、全話一挙放送が始まります。似たようなラインナップのアニメを繰り返し繰り返し連日16時から全話一挙することで、視聴者はしだいにアニメLIVE2チャンネルの全話一挙をすべて見るのは猛者の為せる業であると考え始めます。そして、誰かがその行いを「修行」と言いました。ABEMAのコメント欄は匿名なので誰なのかはわかりません。しかし、「修行」という響きがイメージとぴったりはまったため、アニメLIVE2チャンネルで全話一挙を見ることを「修行」といい、アニメLIVE2チャンネルを「修行チャンネル」と呼び始めるようになったのです。

「修行チャンネル」が定着していく

「さあ、今日も修行」といった雰囲気でアニメLIVE2チャンネルのコメント欄は始まります。アベマアニメユーザーは、なんだかんだいいつつ、修行チャンネルが好きです。修行チャンネルがイベント企画で初配信アニメに奪われると、納得いかない気持ちになります。修行チャンネルという呼び方は、アニメチャンネル全体へ浸透し、定着していくようになりました。

アニライ2チャンネルで配信されるアニメは不人気という評価もありますが、好みがあるので一概には決められません。新作として配信が終わった後、見直したい、初めから観たいと思ったら、アニメLIVE2チャンネルの存在は強力です。

ウワサの「修行チャンネル」とはアニライ2チャンネルのこと

ABEMAのコメント欄で、「修行チャンネル」というワードが出たら、それは「アニメLIVE2チャンネル」のことです。アニライ2チャンネル開設時はアベマも手探りで有効な配信方法を探しているようでしたが、2019年2月より全話一挙を1日3回繰り返すという配信方法を取り入れました。それにより、アニメLIVE2チャンネルが番組表に表示される時間帯が延び、配信予定も把握しやすくなりました。

アニメ全話一挙は約12話・6時間という長丁場で、まさしく「修行」ですが、修行チャンネルは何度も見に行かずにはいられない不思議なチャンネルです。

アニメLIVE2チャンネルが出現した!

アニメLIVE2チャンネル開設初期の番組表

■臨時アニメチャンネルは他にもあります。

 Fate[HF]チャンネル

 ABEMAアニメ3チャンネル