ドラゴン堀江貴文東京大学不合格、センター試験点数~結果発表まで

2019年1月29日話題ニュース

2019年大学入試センター試験を受験した堀江貴文の試験結果がABEMA配信番組「ドラゴン堀江」で発表されました。東大合格を簡単だと言っていた堀江貴文はセンター試験を突破し、東大受験へ進めるのでしょうか。また、「ドラゴン堀江」の生徒として東大受験を目指すTAWASHI、オバンドー吉川(鬼サンダー)、わちみなみ、3名の結果は。

堀江貴文が、生徒と共にセンター試験を受験し東大合格を目指した結果は

2018年11月6日(火)よりABEMAで配信された番組「ドラゴン堀江」は、堀江貴文が独自のメソッドでTAWASHI、オバンドー吉川、わちみなみ、3名を東京大学に合格させるという受験ドキュメンタリーです。

2019年1月19日(土)・20日(日)、堀江貴文、TAWASHI、オバンドー吉川、わちみなみは別々の会場で大学入試センター試験を受験。その試験結果が4週連続で放送されます。1月29日放送第12回では、わちちなみの自己採点点数を公開。2月5日放送第13回では、堀江貴文の自己採点点数を公開。2月12日放送第14回では、TAWASHIの自己採点点数を公開。2月19日放送第15回では、オバンドー吉川の自己採点点数と足切り結果を公開。センター自己採点の点数が低いと、東大二次試験足切りとなります。2月26日放送第16回では、東大二次試験予想問題に挑戦。3月5日放送第17回では、TAWASHIと堀江貴文の東大二次試験に密着。3月10日最終回SPで東大受験合否を発表。

東京大学二次試験は、2019年2月25日(月)・26日(火)・27日(水)の3日間の日程です。

ドラゴン堀江貴文、2019年センター試験点数と結果

括弧()内は配点

1月29日放送第12回より、わちみなみ 各科目点数

わちちなみ

  • 国語    137点(200点)
  • 日本史   50点(100点)
  • 地理    73点(100点)
  • 数学ⅠA  74点(100点)
  • 数学ⅡB  56点(100点)
  • 化学基礎  39点(50点)
  • 生物基礎  38点(50点)
  • 英語    159点(200点)

合計 626点(900点満点)

わちちなみ 東大二次試験は、文Ⅰ(文科一類)へ出願に決定。

2月12日放送第13回より、TAWASHI 各科目点数

TAWASHI 

  • 国語    174点(200点)
  • 世界史   88点(100点)
  • 日本史   92点(100点)
  • 数学ⅠA  74点(100点)
  • 数学ⅡB  64点(100点)
  • 生物基礎  35点(50点)
  • 地学基礎  32点(50点)
  • 英語    131点(200点)

合計 690点(900点満点)

TAWASHI  東大二次試験は、文Ⅰ(文科一類)へ出願に決定。

TAWASHI 英語自己採点発表を残すところとなり、アクシデント! ABEMAが止まってしまいます。「ドラゴン堀江」以外は配信されていたようですが、事故的な引っ張りかと思いました。

配信はすぐに再開し、CM明け。英語は得意なはずなのに、まさかの131点。時間配分ミスでした。英語さえ実力が出ていれば文Ⅲ出願だったのに。

2月19日放送第15回より、オバンドー吉川 各科目点数

オバンドー吉川は、唯一の理系出願

  • 国語    117点(200点)
  • 社会    55点(100点)
  • 数学ⅠA  98点(100点)
  • 数学ⅡB  93点(100点)
  • 物理基礎  90点(100点)
  • 化学基礎  56点(100点)
  • 英語    170点(200点)

合計 679点(900点満点)

オバンドー吉川 東大二次試験は、理Ⅰ(理科一類)へ出願に決定。

2月5日放送第13回より、堀江貴文 各科目点数

堀江貴文 

  • 国語    156点(200点)
  • 地理    84点(100点)
  • 倫理・政経 73点(100点)
  • 数学ⅠA  57点(100点) 
  • 数学ⅡB  39点(100点)
  • 理科基礎  73点(100点)
  • 英語    171点(200点) 

合計 653点(900点満点)

堀江貴文 東大二次試験は、文Ⅰ(文科一類)へ出願に決定。

理科基礎は一夜漬けで73点という。センター試験は社会を地理で受験しましたが、二次試験では日本史を選択。東大の日本史は資料を渡されて論述する試験だから、情報処理と要約ができれば有利ということです。

文Ⅰ二次試験は440点中270点が必要。英語(120点)・国語(120点)・社会(120点)・数学(80点)という配点。堀江貴文は、英語95点、国語80点、地理50、日本史40点、数学20点を目標点数としました。「ふつうだったら出願しない点数」と堀江自身も語りますが、平均点が足切りではないとのこと。「最小限の努力でどこまでいけるかっていうゲームをしてる」と楽しそうな堀江貴文は二次試験に合格できるのか。

東京大学第一段階選抜合格者・発表、足切り突破は?

2月19日(火)放送第15回より、東京大学第一段階選抜合格者・発表。センター足切り結果

わちちなみ

文Ⅰ(文科一類)へ出願の結果、足切り突破ならず…

TAWASHI

文Ⅰ(文科一類)へ出願の結果、足切り突破 ◎

二次試験へ進む

オバンドー吉川

理Ⅰ(理科一類)へ出願の結果、足切り突破ならず…

堀江貴文

文Ⅰ(文科一類)へ出願の結果、足切り突破◎

二次試験へ進む

TAWASHI、堀江貴文は足切りを突破し、二次試験へ進みました。

わちちなみ、オバンドー吉川は足切り突破ならず、二次試験へ進むことができませんでした。

東大二次試験 手ごたえ

堀江貴文 合格目標点数は、285点(440点満点)

  • 国語 80点(120点満点)
  • 数学 20点(120点満点)
  • 社会 90点(120点満点)
  • 英語 95点(120点満点)

TAWASHI 合格目標点数は、270点(440点満点)

  • 国語 70点(120点満点)
  • 数学 40点(80点満点)
  • 社会 80点(120点満点)
  • 英語 80点(120点満点)

試験1日目、試験教科は国語・数学。国語について、堀江貴文は自信、TAWASHIも目標はクリアした実感。数学について、堀江貴文は「難しかった」、TAWASHIは目標点数にはあと一歩及ばず。

試験2日目、試験教科は社会・英語。社会について、堀江貴文は地理・日本史で受験し、「地理で稼いで日本史はそんなに取れてない」。TAWASHIは世界史・日本史で受験し、「いちばんできた」。

そしていよいよ運命の東京大学、合格発表ー。