ABEMA「見逃し視聴」は視聴期限・対象外が鍵で、無料会員も有料会員も利用可能

2018年11月9日ABEMA視聴方法

ABEMAの「見逃し視聴」とは、放送終了した番組を、好きなタイミングで視聴できる機能です。「見逃し視聴」には視聴期限があります。また「見逃し視聴」できる番組の数は、無料プラン「ベーシックプラン」か有料プラン「ABEMAプレミアム」のなのかで異なります。ABEMAの「見逃し視聴」について見ていきましょう。

ABEMA「見逃し視聴」はタイムシフト機能

「見逃し視聴」とは、放送終了した番組を後から視聴できる機能です。タイムシフトとも呼びます。ABEMAで配信した番組を後から視聴できる機能と言えばもう一つ、ABEMAビデオがありますが、見逃し視聴とABEMAビデオは違うものです。見逃し視聴について理解した後、ABEMAビデオとの違いを見ていきましょう。見逃し視聴できるかどうかは「見逃しコメント機能」を利用できるかどうかに直結します。

「見逃し視聴」の可否と視聴期限を確認する方法

番組詳細ページに、「見逃し視聴」の可否と視聴期限が載っています。表記はベーシックプランとABEMAプレミアムで異なります。

ベーシックプランの「見逃し視聴」

ベーシックプラン(有料契約していない方は自動的にベーシックプラン)の場合、「見逃し視聴」が無料なのか、ABEMAプレミアム登録が必要なのか、また「見逃し視聴」の視聴期限が表記されています。

無料で放送終了後○○日間視聴できます
ABEMAプレミアムで放送終了後○○日間視聴できます
見逃し視聴対象外です

ベーシックプランでは、「無料で」と書かれた番組は後からいつでも視聴可能ですが、「ABEMAプレミアムで」と表記のある番組は有料登録が必要です。「見逃し視聴対象外」は、無料会員も有料会員も、あとから視聴することはできません。

ABEMAプレミアムの「見逃し視聴」

「ABEMAプレミアム」登録すると、「見逃し視聴対象外」の番組を除いた番組を「見逃し視聴」できます。「ABEMAプレミアム」登録デバイスでは、視聴期限が表記される場合と、視聴期限が表記されていない番組があります。<視聴期限表記の撤廃>はおそらく2019年に入ってから変更されたもので、具体的にいつまで見られるのかはわかりませんが、何日までという区切りは特になく、長い期間見られるのだと考えられます。最近の仕様変更なので、まだ様子見をしている状態です。

放送終了後○○日間視聴できます
放送終了後視聴できます
見逃し視聴対象外です

「ABEMAプレミアム」登録デバイスでは、無料・有料の表記はなくなります。

「見逃し視聴」はいつから可能なのか

見逃し視聴は、番組配信終了後、すぐに開始できます。

例)1時30分~1時55分 チャンネルで配信される番組であれば、1時55分になったその瞬間から見逃し視聴は可能です。

「見逃し視聴」したい番組は「マイビデオ」に追加すると便利

「見逃し視聴」の無料・有料と視聴期間を確認したら、「マイビデオ」へ追加して、あとから視聴しやすくしましょう。「マイビデオ」へ追加しなくても検索や番組表から探したりすることもできます。しかし、「マイビデオ」へ追加することで、自動的にマイリストが作成され、あとから視聴したい時に番組を最短で見つけることができます。

これから放送される番組を「マイビデオ」へ追加する方法

「マイビデオ」をタップ → 「マイビデオ」追加完了

放送された後、番組を「マイビデオ」へ追加する方法

「マイビデオ」をタップ → 「マイビデオ」へ追加完了

「見逃し視聴」するために「マイビデオ」へ追加した番組を視聴する方法

「見逃し視聴」したい番組を「マイビデオ」へ追加すると、「マイリスト」へ追加されます。「マイリスト」では視聴期限もわかります。

「マイビデオ」の開き方 メニュー「」→「マイリスト」

「見逃し視聴」と「見逃し放送」は別のもの

ABEMAには「見逃し視聴」と似た言葉、「見逃し放送」があります。「見逃し視聴」と「見逃し放送」は別のものです。「見逃し放送」は、新作アニメをリピート放送する際に番組名の後につきます。

 例)新作アニメタイトル #2・見逃し放送

「見逃し放送」は番組表の配信予定に沿って、リアルタイム視聴しましょう。「見逃し放送」から番組詳細ページを開き、「マイビデオ」へ追加することは可能です。

「見逃しコメント機能」を利用し放送中コメントを見る

「見逃しコメント機能」とは、ABEMAプレミアム会員が利用できる機能です。見逃し視聴で、放送中に投稿されたコメントを見ながら動画を視聴できます。「見逃しコメント機能」は、見逃し視聴で有効で、ABEMAビデオでは利用できません。見逃し視聴とABEMAビデオの見分け方ですが、放送終了した番組を再生して、コメントマークが表示されれば「見逃し視聴」です。コメントマークをタップすれば放送中に投稿されたコメントが再現されます。ABEMAビデオではコメントマークが表示されません。

他にも、見逃し視聴の特徴を2つ挙げます。

1.番組表をさかのぼって動画を再生すれば「見逃し視聴」

2.検索をした結果[過去の放送]項目にある番組は「見逃し視聴」

放送中コメントを再現しながら動画を見るには、「見逃し視聴」である必要があります。しかし、ABEMAビデオとの違いはわかりにくい印象です。「見逃しコメント機能」の使い方 において、ABEMAビデオと見逃し視聴の比較を掘り下げています。

「見逃し視聴」したい番組は「マイビデオ」に追加

「見逃し視聴」についてまとめます。「見逃し視聴」とは、放送終了後も配信番組を視聴できる機能です。見逃し視聴には視聴期限があります。見逃し視聴したい番組を「マイビデオ」に追加すると、「マイリスト」で確認できて便利です。「マイリスト」とは、「マイビデオ」「通知リスト」「視聴履歴」を確認できるページです。

◆ NEXT

 ABEMAの「マイリスト・マイビデオ・通知リスト・視聴履歴」を使いこなす

ABEMAビデオについて

 ABEMAの「ビデオ」機能について有料と無料の違い