ABEMA「応援機能」の黄色いクラッカーマークが邪魔な時

2019年5月31日ABEMA視聴方法

ABEMAが「応援機能」を導入したことで、対応する番組コメント欄に黄色いクラッカーのマークが表示されるようになりました。コメント欄を圧迫して狭くなり見にくい時の対応方法。

ABEMAの応援クラッカーマークが邪魔になって見づらい

応援機能のクラッカーマークとは、コメント欄にこのように表示されます。

クラッカーマークとは、コメント欄にこのように表示されます

「C」はABEMAコイン番組総課金額、その右横にスタンプコメントを送信した人のアイコン、大きく黄色いクラッカー型の応援マークがあり、コメント欄が狭くなっています。

クラッカーはCMになると消えますが、番組中は常に表示されます。

邪魔になって見にくいと感じたら、スマートフォンを横画面にしましょう。

今のところ、スマホを横にすると応援機能は非表示になり、従来のコメント欄にもどります。ただし、ユーザーが送信したスタンプはコメント欄に表示されスクロールしていきます。

アプリアップデートでスッキリ!

その後、アプリ新バージョンが公開されました。

主張が強すぎた応援マークが、ABEMAアプリをアップデートするとこんなにスッキリ! 視聴数とコメント数も確認できるように。

アプリをアップデートするとこんなにスッキリ

横画面でも応援マークが。

横画面でも応援マーク

旧バージョンを使用している方へ、アップデートをお薦めします。

ABEMA「応援機能」とは?

■ABEMAが課金コンテンツをしたためてきた!「ABEMAコイン」とは?

■ABEMAでプロフィールを設定する方法