「声優と夜あそび火曜日」ドッキリで試されたのはスタッフの企画力の成長具合

声優と夜あそび, 声優出演番組

AbemaTV「声優と夜あそび 2nd season火曜日」第26回にて、MC就任1周年としてMC力を試すドッキリ企画が展開されましたが、むしろスタッフの裏方としての実力に1年で変化があったのかが見える回でした。

MCをかわいそうにするだけ「声優と夜あそび 火曜日」のドッキリ企画

2019年10月8日(火)放送「声優と夜あそび 2nd season」火曜日第26回は、木村昴がMCに就任してから1年ということで、『木村昴ドッキリ』企画を再展開しました。

2018年10月に「声優と夜あそび」金曜日レギュラーMCの1名が、木村昴に交代。その初回では『ドッキリ企画』が展開されました。ドッキリの内容は、名前を間違えたスタッフがもめて木村昴を困らせるというもの。

視聴者の中には「かわいそう」という印象を持つ人もいましたが、『木村昴は昇らねえんだよ』というワードを残し、途中参加だった木村昴がすんなりと受け入れられる潤滑油ともなりました。

そして、1年がたち、木村昴は火曜日のMCを担当。

再ドッキリ企画

再びドッキリ企画が施行されたのは、2019年10月8日(火)放送第26回。MC1年目でMC力を上がったのか検証するという趣旨のもと、「もう一人のMCが生放送中にトイレから出られなくなってしまったら」というドッキリ回であることが、視聴者にはテロップで伝えられました。

どこまでがスタッフの案だったのかは定かではありませんが、MCがスタジオに戻ってこないのは、収録中に食べていたピザにカレーがあり、そこに木村昴がハーブをのせたせい、という流れに。一人で生放送に出演しながら、自分のせいで体を壊したのではないかと焦りだす。

放送時間内にドッキリであることをばらし、最後はMC2人の良さが出て終わりました。

1年間でスタッフのドッキリ力は上がったのか

今回のドッキリで比較すると面白いのは、1年越しで同じ人物にドッキリを仕掛けたアベマTV夜あそびスタッフの企画力に変化があったのか、だと思います。

1年前と今回、かわいそうな目に遭わせてハラハラドキドキさせるという点は同じ。異なるのは、前回はスタッフが騙す役でしたが、今回は騙す役に適任者を当てたこと。

一部コメントでは、「かわいそう」「重すぎる」という苦情めいた批判がありました。

ドッキリの手法に変わりなく、視聴者が抱いた感想もだいたい同じ、1年経ってもドッキリが下手だという感想を持ちました。MC力があがったのかどうかという検証に足る放送内容ではありませんでしたが、見続けた者にはMC力の向上ははっきりとわかります。

ドッキリを再演したことで表立ったのは、アベマスタッフは一年を経てもドッキリの仕掛け人として成長がないということです。二回目のドッキリなので、一度目ほどのインパクトも薄かったと言えます。再々挑戦するなら、別質の楽しさ面白さを期待しています。

木村昴ドッキリ回

「声優と夜あそび 2nd season」火曜日はこんな番組