ABEMAで利用できるショートカットキー一覧

2018年10月9日ABEMA視聴方法

PCでABEMAを視聴中に使用できるショートカットキー 一覧です。ショートカットキーを使用してチャンネルを切り替えるなど、ABEMAならではのショートカットキーの使い方を紹介します。windowsを想定していますが、macについても触れていきます。

ABEMA視聴中に利用できるショートカットキー一覧

目的別にショートカットキーを紹介します。

チャンネル切り替え

矢印キー[ ↑ ][ ↓ ]

矢印キーでチャンネルの切り替えが可能です。[ ↑ ]で左のチャンネルへ、[ ↓ ]で右のチャンネルへ移動します。コメント欄を開いていた場合、矢印キーでチャンネルを切り替えると、コメント欄は閉じてしまいます。

コメント欄を拡大・縮小

[ Ctrl ]+[+]or[-]
[ Ctrl ]+ マウスホイールをくるくる回して調節

コメント欄のサイズは、キーボード操作で拡大・縮小させることができます。コメント欄が拡大するとコメントの文字サイズが大きく、コメント欄が縮小するとコメントの文字サイズが小さくなります。見やすいように調節してみてください。画像を用いた解説はコチラ

番組表の拡大・縮小

[ Ctrl ]+[+]or[-]
[ Ctrl ]+ マウスホイールをくるくる回して調節

番組表を拡大・縮小させることができます。多数のチャンネルを一画面に収めて眺めたい場合は縮小、折りたたまれている文字まで表示させるには拡大をします。コメント欄のサイズを調節すると、視聴画面全体・番組表も連動します。

更新・再読み込み

windows [ F5 ]
Mac   [ cmd ]+[ Shift ]+[R]

映像がぶちぶち途切れてしまう場合には、[ F5 ]を押して更新・再読み込みすると、改善されることがあります。[ F5 ]で更新よりもさらに強力に動画視聴を改善させるスーパーリロード[ Shft ]+[ F5 ]を同時押しという方法もありますが、ブラウザのキャッシュまで消去されてしまう方法です。動画がぶちぶち途切れてしまい更新して正常に戻したい場合は、動画を快適に視聴するコツご覧ください。

全画面表示

[ F11 ]もしくは[f]

[ F11 ]もしくは[f]を押すことで全画面表示 ON/OFF を切り替えることができます。ABEMAの画面右下にも全画面表示マークがありますが、ABEMA上で全画面表示を実行すると、コメント欄が閉じてしまいます。したがって、全画面表示にするときは、[ F11 ]や[f]で切り替えを行います。

ABEMAビデオを<10秒>進める・戻す

矢印キー[→]or[←]

2020年3月ころに追加された機能。ABEMAビデオを視聴している時、矢印キー[→]で10秒進める、矢印キー[←]で10秒戻すことができます。

ショートカットキー一覧

再生/一時停止、音声ミュートもできます。

[↑][↓]チャンネル切り替え
[→][←]ビデオ進む・戻る
[ Ctrl ]+[+]or[-]
[ Ctrl ]+マウスホイール
画面(文字)の拡大・縮小
[ F5 ]画面更新・再読み込み
[ F11 ]
[f]
全画面表示
[スペースキー]ビデオ再生/一時停止
[m]音量ミュート

そのほか、輝度の調整や、マウスに割り当てた[前のページに戻る]も有効です。

ABEMA配信は通常のショートカットキーが有効

ABEMAの配信を視聴中も、標準のショートカットキーは有効です。PCではアプリよりも機能的に遅れを取ることもありますが、ビデオを進める・戻すが追加されたように、今後の改良を期待したいですね。

ABEMAはお持ちのテレビでも視聴できます。テレビ版にも制約はありますが、アプリをベースにしたシステムなので、パソコンで見るよりも安定します。

お持ちのテレビが対応しているのかどうかは、リモコンにABEMAアプリのボタンがあるかないかで判断できます。

▼リモコンにABEMAボタンがあるタイプ

アベマに対応しているテレビのリモコンにはアベマボタンを搭載

アプリ起動ボタンがない場合でも、Fire TV Stickをセットすればお持ちのテレビでもABEMAを見ることが出来ます。

▼テレビの裏側や側面にHDMI端子があり、

Wi-Fi環境と電源を取れるコンセントがあればOKです。

一度購入すればずっと使える優れもの。

Amazonへ移動します
Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属