/* Google コンソール */ /* fontawesome */ /* Google Adsense */

AbemaTV デバイス連携した「Abemaプレミアム」同時視聴2台までの真相、3台目はどうなるのか

Abemaプレミアム機能について説明される時、「Abemaプレミアム」同時視聴2台まで、言われます。「Abemaプレミアム」同時視聴2台まで、とはどういうことなのでしょうか。デバイス連携で「Abemaプレミアム」を3台以上引き継いだら、どうなるのでしょうか。「Abemaプレミアム」登録時に知っておきたい “同時視聴2台まで” について紐解いていきます。

デバイス連携で「Abemaプレミアム」登録を引き継がせる仕組み

デバイス連携とは

複数デバイス間で、視聴プランやマイリストを引き継ぎ・共有させる作業を「デバイス連携」と言います。「デバイス連携」では、デバイス連携のIDを、デバイス連携のIDへ上書きする仕組みです。「デバイス連携」可能な台数に上限はありません。有料プラン「Abemaプレミアム」会員も、無料プラン「ベーシックプラン」会員も、等しく利用できます。

「Abemaプレミアム」登録するとユーザーIDが変更になる

「Abemaプレミアム」登録を行うと、登録を行ったデバイスのユーザーIDが変更されます。言い方を変えると、「ベーシックプラン」から「Abemaプレミアム」登録を行ったデバイスは、ユーザーIDが変わるのです。

「Abemaプレミアム」登録ユーザーIDを引き継いだデバイスも「Abemaプレミアム」利用可能

「Abemaプレミアム」登録ユーザーIDを所持しているデバイスから、他のデバイスへ「デバイス連携」を行うと、連携のデバイスは、「Abemaプレミアム」登録ユーザーIDへ書き換わります。そうして、「Abemaプレミアム」を複数の端末へ引き継いでいくことが可能なのです。

デバイス連携で「Abemaプレミアム」を引き継がせる台数に制限はない

「Abemaプレミアム」同時視聴2台まで、という説明をされると、「Abemaプレミアム」デバイス連携可能なデバイスが2台まで、という意味に聞こえてしまいますね。しかし、「Abemaプレミアム」登録したユーザーIDは、デバイス連携で3台以上へ引き継がせることができます。「デバイス連携」可能な台数に制限がないように、「Abemaプレミアム」をデバイス連携で引き継がせる台数にも制限はありません。ただ、「Abemaプレミアム」機能を同時に使用できるのは2台までなのです。

具体的な使用例を見ていきましょう。

デバイス連携で「Abemaプレミアム」を3台目まで共有

「Abemaプレミアム」を何台まで登録できるのか試してみた実体験をお話しします。

1.PCで「Abemaプレミアム」登録したユーザーIDを、スマホAへデバイス連携します。PCとスマホAのユーザーIDが同一になり、スマホAの視聴プランが「Abemaプレミアム」へ変更されます。

2.PCとスマホAは、問題なく「Abemaプレミアム」機能を利用できます。

3.スマホAとは別のスマホBをデバイス連携します。スマホAとスマホB、PCのユーザーIDが同一になり、PC・スマホA・スマホBの3台の視聴プランが「Abemaプレミアム」となります。「Abemaプレミアム」登録デバイスが3台となりました。

ここから、3台同時に「Abemaプレミアム」機能を利用してみましょう。

「Abemaプレミアム」機能が同時に利用できるのは2台まで

「Abemaプレミアム」同時視聴2台までを、イメージで説明すると、ひとつのIDに与えられる「Abemaプレミアム」利用可能席が2席までということではないでしょうか。

イメージ:

「Abemaプレミアム」へ登録を行うと、「Abemaプレミアム」利用席を2席与えられる。ひとつのIDを共有しているデバイスが複数ある場合、先に「Abemaプレミアム」利用可能席に座ったIDが「Abemaプレミアム」を利用できる。「Abemaプレミアム」利用可能席は先着順で、2席ともに埋まっていると、ほかのデバイスは「Abemaプレミアム」を利用できない。空席ができると、他のデバイスも「Abemaプレミアム」利用可能席に座って有料機能を利用できる。

3台目が「Abemaプレミアム」視聴をしようとしても叶わず、メッセージが表示されます。

デバイス数の接続制限

Abemaプレミアム対象のコンテンツを同時に視聴できるデバイス数は2つまでです。他のデバイスの視聴を終了してご利用ください。

3台目に「Abemaプレミアム」を利用できる席はないのです。

「Abemaプレミアム」同時利用は有料ビデオ・追っかけ再生・ダウンロード動画再生の3つが対象

「Abemaプレミアム」同時視聴2台までについて、”同時視聴” の対象は、有料ビデオ追っかけ再生ダウンロード動画再生の3つのようです。「動画ダウンロード」については補足があり、「Abemaプレミアム」機能を他2台で視聴していても、データダウンロードはできます。しかし、ダウンロードした動画を再生することはできません。

「動画ダウンロード」(マイダウンロード) を視聴するためには、「Abemaプレミアム」利用可能席が必要なのです。

「Abemaプレミアム」同時視聴2台まで、しかし「Abemaプレミアム」は3台以上登録できる

デバイス連携で「Abemaプレミアム」を共有できる台数に制限はないようです。しかし、「Abemaプレミアム」機能を同時に利用できるのは2台まで、というのが今回の結論となります。視聴プランが「Abemaプレミアム」であっても、「Abemaプレミアム」機能を利用するのは3台目の場合は、3台目は「ベーシックプラン」扱いとなります。

Abemaプレミアムをデバイス連携で引き継ぐ方法【失敗する事例有り】

AbemaTVの「デバイス連携」設定と解除の方法【ワンタイムパスワード】とは?

AbemaTVの有料プラン「Abemaプレミアム」について疑問を解決していこう