ABEMAプレミアム同時視聴2台まででも3台以上共有する方法

2018年11月6日

ABEMAプレミアムは同時視聴2台までですが、共有できるデバイスの数に制限はありません。ABEMAプレミアムを3台以上で共有することが可能です。ABEMAプレミアム登録時に知っておきたい 「同時視聴2台まで」のカラクリと同時視聴のやり方を解説します。

ABEMAプレミアムを複数のデバイスで共有する方法

ABEMAプレミアムに登録したIDを、他のデバイスに引き継がせることで、他のデバイスでも有料機能をすべて利用できます。

デバイスの種類に制限はなく、組み合わせは無限です。

  • スマホースマホ
  • パソコンーパソコン
  • タブレットータブレット
  • スマホーパソコン
  • テレビースマホ
  • その他無限の組み合わせ

よってABEMAプレミアムに有料登録を行うのは1度きりで良いということがわかります。

登録外の端末でも有料機能を利用できるようにする方法については、ABEMAプレミアムを複数デバイスで共有する方法でわかりやすく解説しています。

ABEMAプレミアム未登録の方は、2週間無料期間があるのでぜひご利用ください。

ABEMAプレミアム同時視聴は2台までとは

ABEMAプレミアムは、確かに同時視聴2台までという制約があります。しかし、そこまで神経質になるような制約ではありません。

ABEMAプレミアム同時視聴2台までとは、同一のIDを共有した複数のデバイスがある場合、ABEMAプレミアムの特権である有料機能は同時に3台以上利用できない、という意味です。

ABEMAプレミアムのIDを共有できる端末数に、具体的な制限はありません。ありったけの端末をABEMAプレミアムに変更することが可能です。

制約はどこに書いてあるの?

公式サイトには「同時視聴2台まで」という記載が見当たりません。3台以上で有料機能を使用しようとした時にメッセージとして表示されます。

ABEMAプレミアムのデバイス数の接続制限は解除不要

ABEMAプレミアムのデバイス数の接続数制限は解除不要です。

ABEMA側がプレミアム接続数をカウントしています。デバイス3台目をABEMAプレミアムで接続したい時にも、ユーザー側では操作を行いません。

ABEMAプレミアムを一度に3台利用!

具体的な例を見ていきましょう。

スマホにてABEMAプレミアム登録し、パソコンと別スマホへIDを共有させます。すると、視聴プランは3台ともABEMAプレミアムになります。

視聴プランは3台ともABEMAプレミアムになっています。

3台同時に有料ビデオを視聴してみようとしますが、最後に視聴を開始したスマホでは有料ビデオを閲覧できません。

3台同時に有料ビデオを視聴してみようとしますが、最後に視聴を開始したスマホでは有料ビデオを閲覧できません。

有料ビデオ以外のABEMAプレミアム機能を3台同時に利用しようとしても、3台目では利用できません。

有料ビデオ以外のABEMAプレミアム機能を3台同時に利用しようとしても、3台目では利用できません。

このように、同時に有料機能を利用できるのは2台までです。3台目で有料機能を利用しようとすると、メッセージが表示されます。

「デバイス数の接続制限。同時に視聴できるデバイス数は2つまでです。他のデバイスの視聴を終了してご利用ください」とかあkれた画像

デバイス数の接続制限

同時に視聴できるデバイス数は2つまでです。他のデバイスの視聴を終了してご利用ください。

ここでいう同時視聴2台までというのは、有料機能のうち、

  • 有料ビデオ視聴
  • 追っかけ再生
  • 見逃しコメント
  • ダウンロード

同時に使用できるのは2台までということです。

もしも、3台目で有料機能を利用したいのならば、すでに有料機能を利用しているデバイスで利用を中止し、プレミアムの接続を譲らなければなりません。

有料機能を使用する端末を切り替える方法

有料機能を開始している端末で画面遷移を行うなどすると、有料利用終了と判定され、別の端末へ切り替えることができます。

ABEMAプレミアムは3台以上登録できる

ABEMAプレミアムに登録したIDがあれば、視聴プランを何台でもをABEMAプレミアムに変更することが可能です。

しかし、ABEMAプレミアムの有料機能を同時に利用できるのは2台まで。たとえ視聴プランがABEMAプレミアムであっても、ABEMAプレミアム機能を同時に3台利用しようとすると、3台目はベーシックプラン扱いとなります。

ABEMAを同時に3台以上で見るというのもまれでしょうし、台数制限についてはそこまで心配はいらないでしょう。